オークション代行業者による車売却と不具合に関する注意点

車の売却をする選択肢の1つに、代行があります。オートオークションによる車の出品を行ってくれる会社もある訳ですね。

ところでそのような業者を通じて車を売却する時には、1つ気をつけた方が良い点もあります。車の不具合などは、正直に申告するべきという点です。なぜならそれを行わないと、後になって大きなトラブルが発生する場合があるからです。

例えばある代行業者を通じて、車を出品してもらったとします。ところがその車の状況はやや複雑で、過去に事故を起こしていたとしましょう。車の売り手としては売却額を下げたくないので、その事故歴を隠していたとします。 そして車を出品してみたところ、めでたく落札されたとしましょう。そこまでは問題ありませんね。問題は、その後に何らかのクレームが発生した時です。

落札されたという事は、その車をもちろん次のオーナーの手に渡ります。そのオーナーから、クレームが発生してしまう事があるのです。事故歴が発覚すれば、当然業者に対してクレームが行ってしまうでしょう。

ではそのような時にはどうなってしまうかというと、まず車の減額が発生してしまう場合があります。100万円で売却できた車の場合、80万円台や70万円台などにダウンしてしまう可能性もありますね。また売却自体がキャンセルになってしまう事もあるのです。それと、オークションの代行業者に対する印象も良くないでしょう。
コペン買い取り

つまりオークションの代行業者を通じて車を売却する時には、決して虚偽申告をするべきではないのです。そうでないと、上記のようなトラブルになってしまいかねないからです。もっともそれはオークションの代行業者だけでなく、一般的な車買取の業者もほぼ同じなのですが。 基本的に不具合などは正直に申告するのが、車を売る時のセオリーの1つですね。