昔は少々不便だった車の売却

一昔前は、車の売却は色々と大変だったのではないかと思います。現在では車買取の業者が多数活躍していますが、そもそも買取の専門店は歴史は浅いのです。

そのような業者が出現したのは、実は1990年台です。それまでは買取業者がほとんど見られませんでした。その背景には、オークションの存在大きかったそうなのですが。

ではそれまでは人々はどのようにして車を売却していたかというと、ディーラーだったそうです。1990年台以前は買取の専門店が無かったので、実質的にディーラーが主流だったという訳です。

ですので当時は、人々が車を売るのは大変だったと思います。なぜならディーラーに売却をしてしまいますと、かなり買取金額が低くなってしまいます。ですので恐らく当時の人々は、個人間取引などを行っている事例もしばしば有ったのではないでしょうか。現にアメリカでは、個人間取引で車が売却されている事例が非常に多いのです。

ただ1990年より前となると、そもそもインターネットがありません。人々が「車を売りたい」という情報をアピールする手段も、今よりも限られていたと思います。考えられる媒体としてはポスターでしょうか。しかし、それもあまり多くの方々に見られる訳ではありません。 それに比べると、今は車を売りやすくなったものだと思います。ネット媒体という便利なものがあるので、査定の依頼もオークションでの売却も簡単です。
MINI 買取

しかも現在では車買取の業者の店舗も、あちこちにあります。ちょっと車を走らせるだけで、買取業者の店舗が簡単に見つかる状況です。それを考えると、1990年を境に車の売却はずいぶんとやりやすくなったものですね。 恐らく今後も、車の売却は更に手軽になると思います。