オークションでの車売却のデメリットと入札者からの質問

ネットオークションで車を売却する時には、難関が幾つかあります。その中の1つは、入札者による質問です。 車というのは、やはり大きな買い物です。新車の場合は、100万円を超えるケースも非常に多いですね。そしてオークションもそれは同様なのです。落札金額などは、かなり高くなる事が想定されます。

という事は、入札している方々は高い買い物を行う訳です。かなり大きな金額が動くだけに、後でトラブルを防止するために念入りに質問しておきたいと考えている方々はやはり多いと思います。このため自動車を出品している方々に対しては、やはり入札者からの質問などは非常に多いと思うのです。もちろん質問があれば、出品者としてはその質問に対して回答している事でしょう。

ところが自動車というのは、かなり奥が深いものです。時には非常に専門的な質問が行われる事もあるでしょう。もしも出品者があまり車に詳しくないのでしたら、どう答えれば良いか分からなくなってしまうかもしれません。そこはオークションのデメリットの1つかなと思います。

ところでオークションサイトによっては、その質問に対するサポートを行ってくれる所もあるのです。カーラインと呼ばれるオークションサイトの場合は、アドバイザーの方々が入札者からの質問に答えるためのサポートを行ってくれるようです。ですのでカーラインなどは、かなり使いやすいと思うのですが。
オデッセイ 下取り

ところで車買取の専門業者の場合は、そのような質問のやり取りがほぼありません。買取業者の査定士から簡単に質問される事はあると思いますが、専門的な質問が投げかけられる事は少ないと思います。このため手間がかからないという意味では、車買取の業者の方がメリットは大きいかなと思います。